検索

Château Angludet

シャトー・アングリュデは、1961年からシシェル家の住居として使用されています。12世紀に創業され、メドックにおいて最古級の歴史を誇るドメーヌです。シャトーの名称は、1150年にこの地に初めて荘園を建設したベルトラン・ダングリュデ騎士に由来します。

1758年以来、アングリュデのブドウ畑はほとんど改編されることなく、数百年という時を経て受け継がれてきました。現在の所有畑の93%が250年以上昔からブドウ畑として利用されています。これは、継続的にブドウ栽培が行なわれて来た畑の率としては、実に異例の高さです。

ブドウ畑はガロンヌ河系礫質大地上に位置し、ジロンド河を臨むなだらかな傾斜の高台に広がります。水はけのよい礫質・砂質のテロワールからは、凝縮性高く、フィネスとエレガンスが魅力のワインが生まれます。

今日、バンジャマン・シシェルがシャトー・アングリュデの経営指揮をとっています。AOCマルゴーに32ヘクタールのブドウ畑を所有。畑の46%はカベルネ・ソーヴィニヨン、41%メルロ、13%プティ・ヴェルドです。プティ・ヴェルドの作付比率は例外的な高さです。栽培管理に一層の手間が掛かる品種ですが、同時に、ワインに奥行きと芳醇さをもたらすブドウ品種として重用しています。

Séparateur
Image citation

 

アングリュデが好きです。ここに家族と暮らしています。ブドウ畑に囲まれた暮らし。畑への理解を深め、目をかけ、共に歩むことで、バランスとエレガンス、風味あふれるワインを生みだす手助けをする。幸せを感じます

バンジャマン・シシェル

image 1
Image 2
image 3
Image 4

ワイン紹介

Séparateur

お問い合わせ先

Château Angludet
33 460 Cantenac - FRANCE

電話:+33 (0)5 57 88 71 41
ファクス:+33 (0)5 57 88 72 52

www.chateau-angludet.fr

Google Maps で確認する